工場で働こう!求人募集の見方のポイントとは!


勤務時間の確認をしておく

営業もあれば事務もありますし、仕事の職種は様々だと言えます。工場勤務だと営業や事務とは内容の違う作業になってきます。勤務時間で言うと、接客業ならお客が納得するまで説明しなければ終われませんし、食事の時間も相手先から電話がかかってくればもちろん対応するでしょう。終わり時間をオーバーすることも多く、その分帰りも遅くなります。24時間体制の工場も多いですが、昼勤専門の募集で働けば時間通り退社できます。工場では昼と夜の二交代制もあれば、昼専門、夜専門などシフトがいろいろ選べます。

工場の環境をしっかりと把握しよう

営業職は別として事務所に勤務するなら、適度な温度管理がされているので体調も整います。食品工場の場合だと衛生面的なこともありますし、新鮮でなければなりませんから空調によって室温維持も万全です。しかし、部品等を生産する工場だと温度による影響がないので、空調施設がない場合も多々あります。夏の暑さや冬の寒さのMAX時には過酷な環境になる工場もありますから、応募する際には何を作る工場なのかしっかり把握しておくべきでしょう。

交通費はいくらまで?寮はあるか?

通勤の距離や交通機関での時間など工場までの通勤方法は要チェックです。工場が駅前にあることはほぼないと言ってもいいです。工場の多くは郊外にあり交通機関も最寄り駅で降りてバスに乗るというケースもあり職場に着くだけで疲れてしまっては仕事になりません。工場によっては寮を完備しているところもあるので、その場合は移動時間を短縮するためにもメリットになります。求人の募集事項に交通支給や寮完備などがあるかのチェックは欠かせないでしょう。

エヌエステックの求人情報なら