住み込みの仕事って?内容やメリットを解説


寝泊りをしながら働く

そもそも、住み込みの仕事とはどういったものなのかと言えば、会社側から用意された住居で生活をしながら働くというものです。こういった募集は、特に工場系の仕事でよく見られます。24時間稼働の工場ですと、多くの人材が必要とされますので、働き手を確保しやすくするために、住居の提供も行っているのです。また、従業員の負担を減らすという目的もあります。シフトで働いていると体力を消耗しやすいため、近くに寮やアパートなどを用意して、通勤も楽に行えるようになっています。送迎バスが出ているところなら、自分で車を運転するなども不要です。

ライン作業が中心の仕事内容

仕事内容に関しては、いわゆるライン作業がメインです。例えば、流れてくるパーツを組み立てていくなど、決まった工程だけをこなしていきます。未経験の人でもできる仕事内容となっていることが殆どですので、初めてでも安心と言えます。ただ、ずっと繰り返しの作業となるため、ある程度の忍耐力が求められます。それに、シフトで不規則な仕事になる場合ですと、慣れるまでは体力面で苦労をするかもしれませんね。しかし慣れてきたら楽に働けるようになったという人も多くいますので、最初の内の苦労をいかにして乗り越えるかが大切です。

住み込み仕事のメリットは?

住居を提供してもらえるのが大きな魅力と言えるでしょう。自分で用意をする必要がないため、アパートなどを借りられない時でも安心です。しかも家賃が無料になっていることもあります。また、食費や光熱費なども安価な設定になっていることが多く、従業員の負担を経済的に支えてくれます。貯金を作りやすい仕事でもあるため、集中的に稼ぎたいという時にも良いかもしれませんね。

イカイアウトソーシングの公式サイト