マンスリーマンションは一人暮らしに最適!


あらかじめ家電や家具が備え付けられている

マンスリーマンションとは、短期間だけ暮らすことを前提としたマンションのことです。通常の賃貸マンションと比べて異なるのは、生活に必要とされる家具や家電などがあらかじめ備え付けられている点です。そもそもマンスリーマンションは短期間、一人で生活する人をターゲットにしているため、冷蔵庫やテレビ、洗濯機など生活に欠かせないものが取り付けられているのです。したがって、引っ越してきたら、何も不自由を感じることなくそのまま生活することが可能です。重い家具や家電を運び入れる作業がないので、住む側にとって非常に楽だといえるでしょう。マンスリーマンションは便宜性が高いことから、一人暮らしをしたい人はもちろん単身赴任で暮らす人、旅行でホテル代わりにする人に主に利用されています。

敷金、礼金が必要ない

マンスリーマンションは、敷金や礼金などを支払う必要が全くないのも特徴だといえます。一般的な賃貸物件を借りると、必ず敷金礼金などの初期費用を払わなければいけません。初期費用に数十万円以上もかかる物件も数多くあるので、経済的にとてもお得ですよね。その他にも、マンスリーマンションだと、光熱費は日ごとの定額制であることも特徴的です。一般的な賃貸マンションであれば、ガスや水道、電気を部屋に通すために自ら手続きを行わなければいけません。そして、水やガスなどを使った分だけ支払うことになります。それに対して、マンスリーマンションは日ごとの定額制なので、料金のことを一切気にせずに暮らせますよ。したがって、お金を節約しながら一人暮らしをしたい方にうってつけといえるでしょう。

マンスリーマンションの入居の際には、敷金も礼金も不要です。但し、賃貸料や光熱費は一括前払い方式であるのが普通です。