履歴書はそれで大丈夫?面接を見越して作成しよう!

面接は履歴書に基づいておこなわれる

履歴書は仕事探しをするときに重要な書類で、初期に丁寧に仕上げておく人も多いでしょう。履歴書のほとんどの記述内容は共通項目なので、どの仕事に応募するときにも使い回すことが可能です。ただ、履歴書は使い回しをせずに個別に作成した方が面接で有利になります。面接は履歴書に基づいておこなわれるからです。学歴や職歴などの書き方を変える方法がないところは全く同じで問題ありませんが、特技や趣味、自己PRや志望理由などについては応募先に合わせて書くようにした方が採用率が高まるでしょう。書類選考も通りやすくなるので、履歴書は応募先ごとに作成するようにするのがおすすめです。

質問内容を想定して履歴書を書こう

書類選考は通ることがあるけれど、面接は通れないという人は大勢います。応募者の少ない企業での中途採用では、書類選考は明らかに応募要項から外れている人でなければ通すスタンスが主流です。面接をしてみて判断するというスタンスを持っているため、書類選考は通りやすくなっています。しかし、その分だけ面接は慎重におこなわれるので、なかなか通過できないのです。面接を有利にするためには質問内容を予想できるようにするのが大切です。履歴書に基づいて質問を考えているので、履歴書に書く内容を厳選すれば何を質問されるかをイメージしやすくなります。興味を持って欲しいポイントに複数回言及したり、関心を持ちそうなポイントをあえて詳しく説明せずにおいたりするのが効果的な方法なので、履歴書を書くときには念頭に置いておきましょう。

エヌエステックは、製造業をメインとする人材派遣会社です。全国27カ所に事業所があるため、日本各地で就労することが可能です。